ポケットの中の1得点 後半75分からのフロンターレの強さと魅力

 

フロンターレの強さと魅力を語るには要素が沢山あるのだが、特に後半残り15分の戦闘力はリーグ1の強さだ。

全く異なるスポーツだが、筆者は昔好きだったF1ドライバー アイルトン・セナを思い出した。

「ポケットの中の1秒」

どんな非力なマシーンでも予選残り僅かなタイムアタックであっさり逆転してポールポジションを獲得してしまうセナに当時のクルーが言った言葉だ。

今年のフロンターレは、「あー今日は負けか」 「頼むこのまま同点で終わってくれ!」というような筆者の心の叫びを裏切って、誰もがピッチで疲れきった時間帯残り15分以降にゴールを決めるのである。

まさにポケットの中の1得点。

川崎劇場とはこの事。
さらに凄いのは失点が1(14節終了時)という事。75分過ぎの失点は第2節の湘南戦のみなのだ。

後半75分以降の得点(14節終了時点)

第1節 広島戦 小林 悠 84分 決勝ゴール
第2節 湘南戦 森本 貴幸 90+1分 同点ゴール
第3節 名古屋戦 大久保 嘉人 75分
第3節 名古屋戦 中村 憲剛 84分 決勝ゴール
第4節 甲府戦 田坂 祐介 87分
第6節 鳥栖戦 大久保 嘉人 90+4分 決勝ゴール
第7節 FC東京戦 大久保 嘉人 77分
第7節 FC東京戦 小林 悠 81分 決勝ゴール
第7節 FC東京戦 エウシーニョ 90+2分
第12節 神戸戦 エウシーニョ 90分
第14節 磐田戦 オウンゴール 88分 決勝ゴール

アディショナルタイム残り0秒で決めた大久保嘉人奇跡のゴール


中でも強烈に記憶に残っているのは第6節鳥栖戦での決勝ゴールだ。
時間は後半90分。鳥栖のCKから始まる。この時点でのスコアは0-0。
筆者は「頼む!このまま同点で終わってくれ!」そう願っていました。

アディショナルタイムは3分。

後半91分30秒 大久保がゴールを決めるも無情にオフサイド。

誰もがこのまま終わると思いきや。

この先は動画で是非見て この興奮を味わって欲しいです。
もちろん見た人は 再びあの感動を。

私はこの試合Gゾーンから見ていたのですが、帰り道(徒歩で帰ります)ずーっと「ヨシト オオクボ! ゴーオーールをうばえ!♪」と口ずさんでいました。

フロンターレのサッカーは面白いのだ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事