[動画] 雨で中断といえば思い出す2009年の鹿島との首位攻防戦を八塚浩氏が語る

 

先日の天皇杯3回戦では、名古屋と八戸の試合が雷雨で中断。
再試合では無く、8月2日に中断したところからの試合となるそうです。

フロンターレサポーターの方は、雨で中断といえば2009年を思い出すのでしょう。

そうです。首位鹿島と2位川崎Fの首位決戦として行われたこの試合。
川崎フロンターレが3-1のリードで迎えた後半29分で、豪雨の為、中止になったのです。試合中断30分後に不破信マッチコミッショナーが中止を決め、結果として、後半29分から別の日程で試合が再開されることとなったのです。

中村憲剛は
「普通にできる。雨が降ってもやるのがサッカー」

と悔しい思いを吐き出しました。

解説者八塚氏が語る当時の思い出

年末の特番で八塚さんがこの話を語っていました。

再開試合のハイライト

さて、結果はいかに?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事