川崎フロンターレ12年連続黒字 営業収入40億超え Jリーグ経営情報開示

 

Jリーグは21日、2015年度の全52クラブの経営情報を開示した。
14年度の営業収益40億超えは4クラブだったが、15年度は浦和(6,088)・横浜FM(4,567)・名古屋(4,446)・鹿島(4,311)、
それに加え、FC東京(4,678)・G大阪(4,282)・川崎(4,077)が加わり7クラブとなった。

川崎フロンターレは12年連続の黒字となった。
メインスタジアムの改修によって入場料収入が2億増えた事や
徹底した地域密着型の活動(働き過ぎふろん太)や、斬新な試合当日のイベントやグッズ販売等による健全な経営による成果といえよう。

川崎フロンターレの2015年度収支

(単位は百万円)
決算月 2016 2015
1月期 1月期
営業収益 4,077 3,359
広告料収入 1,569 1,794
入場料収入 777 571
Jリーグ配分金 197 228
アカデミー関連収入 179 171
その他収入 1,355 595
営業費用 3,977 3,288
チーム人件費 1,685 1,546
試合関連経費 190 185
トップチーム運営経費 430 269
アカデミー運営経費 50 74
女子チーム運営経費 0 0
販売費および一般管理費 1,622 1,214
営業利益(▲損失) 100 71
営業外収益 3 5
営業外費用 1 0
経常利益(▲損失) 102 76
特別利益 0 0
特別損失 0 0
税引前当期利益(▲損失) 102 76
法人税および住民税 41 32
当期純利益(▲損失) 61 44
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事