中村憲剛JリーグMVPに次いで2016年度年間最優秀選手「フットボーラー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる

 

 全国のサッカー担当記者の投票による日本版バロンドールとも言われている2016年度年間最優秀選手「フットボーラー・オブ・ザ・イヤー」に、川崎フロンターレの中村憲剛(36)が1日選ばれました。

まさに今日は川崎市スポーツ特別賞の贈呈式が行われるだけに、中村憲剛にとっては二重のお祝いとなります。
JリーグMVPと合わせて3冠となり。 2017年のフロンターレも三冠目指して頑張って欲しいですね。

フットボーラー・オブ・ザ・イヤーに中村憲剛が選ばれるのは初。川崎フロンターレからは2015年に大久保嘉人が選ばれて以来の2度目となりました。
過去にはなでしこジャパンの澤穂希選手や本田圭佑(モスクワ在籍時)等も選ばれています。

中村は有効投票181票のうち、31票を獲得。
2位は昨季のイングランド・プレミアリーグを初制覇したレスターの日本代表FW岡崎慎司で29票、3位はJ1鹿島からテネリフェ(スペイン)への移籍が決まったMF柴崎岳で26票。

しかしサッカー界のレジェンド釜本邦茂さんは7回受賞しているそうです。ひえー。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事