川崎フロンターレの家長、バナナを被りフロサポの心を掴む

   2020/08/03

※画像:川﨑F公式Twitterより

ファイフロの新MC(川崎純情小町☆)に変わり、フロサポのSNSがざわついている頃、新加入選手、家長昭博がバナナを被った画像が公式より公開されました。
いずれかは被ることは想像していましたが、このタイミングとは驚き。

試合ではクールなイメージの家長でしたが、早くもフロンターレの洗礼を受け、SNSでは大歓迎モードに。
プロモーション部、流石過ぎる。。

川崎フロンターレといえば、こうした地域と一体化してイベントなどが有名だが、家長本人は

「全然苦じゃない。仕事の1つだと思えば」

と言っている(スポーツ報知)。
いずれは自分から進んで被るようになれば本物だ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    GKのユニフォームの色って、どうやって決めているのだろう? という
    2016リミテッド宇宙ユニフォーム:スマホ待ち受け(ロック画)画像
    はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    【生中継】今年のルヴァンカップはフジテレビの動画配信サービス「FO
    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    応援とブーイングを科学的に考えてみる
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版
    2020年フロンターレキャプテンは谷口彰悟。歴代キャプテンに見える
    16年ぶりJ1リーグ通算防御率歴代1位が変わりチョン・ソンリョンに
    川崎フロンターレ15年連続黒字 営業収益60億突破、前年より10億
    2020日本代表ユニフォーム(迷彩柄):スマホ待ち受け(壁紙)画像