富士通、携帯電話事業売却へ、どうなるアローズ

 

川崎フロンターレのメインスポンサーである富士通。
その富士通が携帯事業売却する方針であることが22日分かりました。

アップルやアジアの格安スマホの等の構成で売り上げの減少が続いているのが原因ですが、来月にも入札手続きを始めるそうで、国内外の投資ファンドやアジアの携帯メーカーが入札に参加する可能性があそうです。

業界5位の富士通はシェア1割未満。NTTドコモ向けを中心に「アローズ」などのブランドで販売しているが、平成29年度の販売は約310万台と、ピーク時だった23年度(約800万台)の半分以下になる見通し。

普通ならば、よくあるニュースのひとつですが、やはり富士通絡みとなると、耳がダンボになってしまいます。
そしてフロサポならば皆が来年のアウェイユニはどうなるんだろう。。ってことですよね。
見守るしかないですが、頑張れ富士通!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

『富士通、携帯電話事業売却へ、どうなるアローズ』へのコメント

  1. 名前:名無しフロサポ : 投稿日:2017/09/03(日) 20:51:56 ID:Y3Mzk1Mjk

    まじ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    2020年ユニフォーム、エンブレムはラバープリント。気をつけたい手
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版
    ちょっとスロットマシーン作ってみました
    2020日本代表ユニフォーム(迷彩柄):スマホ待ち受け(壁紙)画像
    風呂桶を飾るのにピッタリな1180円のスタンドを見つけました
    はじめての等々力陸上競技場。座席の違いと自分にあった席の選び方。
    2020年フロンターレキャプテンは谷口彰悟。歴代キャプテンに見える
    GKのユニフォームの色って、どうやって決めているのだろう? という
    iphone(iOS14)の新機能ウィジェットでホーム画面をフロン
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    主審をリスペクトする為に知りたい走行距離やトラッキングデータ
    応援とブーイングを科学的に考えてみる