小林悠日本代表初ゴール。W杯へ向けてハリルも太鼓判

 

フロンターレから5人が招集されたことで、フロサポの中では大注目の東アジアE-1選手権、2戦目日本-中国の試合で小林悠が代表初ゴールとなる貴重な先制点を決めました。
0-0で迎えた後半39分。FW川又のシュートのこぼれ球に飛び込んだ悠は、独特の体の柔らかさ、捻りで見事なゴール。

途中大島僚太の負傷退場があり、大分凹む事となったのですが、悠の初ゴールで少し気分はあがりましたね。
来年のロシアW杯に向けて弾みがつきました。さぁ次は韓国戦。次も頼むぞ。


「ゴールは見えてなかったけど感覚で流し込みました」
「何とか最後、決められて良かった」
小林悠

北朝鮮戦でもいい動きは見せていたものの、ゴールは決められませんでしたが、今日のプレーにハリルも太鼓判でした。

「小林は素晴らしいシーズンを送って、より得点が取れるようになった。A代表にしばらく呼ばなかったのは、A代表のリズムになかなか乗れなかったからだ。今はアグレッシブに背後に行って、しっかり落としてからまた背後に行く。常にもらえるような状態をつくってくれる。守備にも戻ってプレッシャーをかける」
「高いレベルで(代表)候補に入ると思う。以前は少し軽かったが、今はかなりアグレッシブに戦えるようになった」
ハリルホジッチ監督

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    川崎フロンターレ15年連続黒字 営業収益60億突破、前年より10億
    2020年ユニフォーム柄でTwitter(SNS)用オリジナルアイ
    ちょっとスロットマシーン作ってみました
    2020年ユニフォーム、エンブレムはラバープリント。気をつけたい手
    はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場
    主審をリスペクトする為に知りたい走行距離やトラッキングデータ
    サッカー選手が手首に巻くテーピングの意味は? 各選手のテーピングコ
    応援とブーイングを科学的に考えてみる
    等々力陸上競技場からの帰り道は注意せよ。人を頼ったら最後「等々力迷
    スケポス用に買った1600円のフレームでユニフォームを飾ってみた