川崎フロンターレ14年連続黒字 営業収入50億超え Jリーグ経営情報開示

 

先日、2017年度のJリーグ各クラブの経営情報が開示されました。
Jリーグ全体では7年連続の収益増加ということで、J1・J2・J3合計の事業規模は、Jリーグ史上初めて1,000億円を突破したということです。素晴らしい。

DAZN効果やイニエスタ等のビッグネームがJに来たことで、Jリーグのコンテンツ価値は高まるでしょうし、今後もしばらくは増加傾向にありそうです。

フロンターレは14年連続黒字で営業収入50億円台へ

浦和の79億は置いておくとして、川崎は全体の4位。
それも2位との差は僅かですから大したものです。
そして純資産10億円超も果たし、名実ともにビッグクラブの仲間入りとなりそうですね。
来年の決算では優勝記念グッズの売上や優勝賞金等も入ると一気に上位にきそうです。
いいぞフロンターレ!

今年もすでに完売の試合が8試合等、景気の良い話が多いですし、早く等々力競技場の改修が終わって欲しいと願うところです。

営業収益ベスト10

1.浦和 79億7100万円(J1)
2.神戸 52億3700万円(J1)
3.鹿島 52億2800万円(J1)
4.川崎F 51億2300万円(J1)
5.G大阪 49億6600万円(J1)
6.横浜FM 47億6500万円(J1)
7.名古屋 45億9400万円(J2)
8.FC東京 45億8800万円(J1)
9.清水 40億100万円(J1)
10.C大阪 39億7600万円(J1)

川崎フロンターレの2017年度収支

(単位は百万円)
決算年度20172016
営業収益5,1234,254
広告料収入1,8541,809
入場料収入1,038907
Jリーグ配分金495222
アカデミー関連収入183168
物販収入563476
その他収入990672
営業費用4,7303,923
チーム人件費2,3391,643
試合関連経費229195
トップチーム運営経費298279
アカデミー運営経費6044
女子チーム運営経費00
物販関連費420378
販売費および一般管理費1,3841,384
営業利益(▲損失)393331
営業外収益31
営業外費用21
経常利益(▲損失)394331
特別利益00
特別損失00
税引前当期利益(▲損失)394331
法人税および住民税133114
当期純利益(▲損失)261217
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

『川崎フロンターレ14年連続黒字 営業収入50億超え Jリーグ経営情報開示』へのコメント

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    2016リミテッド宇宙ユニフォーム:スマホ待ち受け(ロック画)画像
    車で等々力競技場へ行くサポーターへ、気を付けて頂きたい事と駐車場事
    川崎フロンターレ15年連続黒字 営業収益60億突破、前年より10億
    2020トレーニングマッチユニフォーム:スマホ待ち受け(ロック画)
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    スケポス用に買った1600円のフレームでユニフォームを飾ってみた
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版
    2020日本代表ユニフォーム(迷彩柄):スマホ待ち受け(壁紙)画像
    はじめての等々力陸上競技場。座席の違いと自分にあった席の選び方。
    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    【生中継】今年のルヴァンカップはフジテレビの動画配信サービス「FO
    風呂桶を飾るのにピッタリな1180円のスタンドを見つけました