フロサポは最高だよ。写真を見ながら2019シーズンを思い返してみる

    リーグ戦も終わり、今年はマリノスの優勝。
    考えてみればFC東京もマリノスも今年は強かった。
    夏場にフロンターレがあと少し勝っていれば状況は変わっていただろうなどとは、もはや夢物語なので言うまい(言ってるけど)

    今年は本当に等々力劇場が起こらない年だった。
    勝っても負けても何も起こらなかった。そんな印象の寂しい等々力でしたよ。

    それでも今年は良いことも沢山あったんだよね。
    人はやっぱり一つを得るともっと欲しくなる生き物。今年は不満だったというサポーターも多いみたいだけど、
    今年も沢山のものをフロンターレからもらっている事を個々に振り返ってみてほしい。
    きっとフロンターレサポーターでいることが名誉なことだと分かるからね。

    フロサポは最高だよ。写真を見ながら2019シーズンを思い返してみる

    チームは今季の解散式を行い、アウォーズも寂しく終わり、あとはE-1(大島僚太と田中碧が選出)が残っているけれども、フロンターレのシーズンは終わりました。
    今年撮った写真を見ながら、かなりアバウトにかいつまんで振り返ってみたいと思います。

    FUJI XEROX SUPER CUP 2019

    今年最初の試合は埼スタで開催されたFUJI XEROX SUPER CUP 2019、去年の天皇杯覇者である浦和レッズとの一戦。
    去年は負けたし、2017年のACL戦でレッズに負けてからは、埼スタ自体が苦手な感じになっていただけに、この勝利は特別だったし、今年を占う上でも重要だった。
    そして新加入選手であるダミアンのゴールで勝ったというのも明るい材料でした。

    そして大一番の一発勝負に弱いイメージのフロンターレ。この勝利がルヴァン優勝へと繋がっていたかもしれません。

    でもですね、私個人の意見としては、この試合でのダミアンの活躍が序盤のフロンターレの勢いを無くしてしまった気がしたのです。(個人的感想です)
    この試合が小林悠や他の選手の活躍での勝利だったら、また違うリーグ戦の展開になっていたかもしれないと思ってしまうのですよね。
    それほどに、フロンターレにフィットしていない状態での強烈なダミアンの印象は、鬼木監督のリーグ戦序盤でのスタメン起用に影響を与えたのではないかと思うのです。

    もちろんダミアンの成績は23試合で9ゴール(リーグ戦のみの成績)ですから立派なものだし、特に後半でのダミアンの使い方は、ここで1点欲しいという期待に応えてくれて頼もしかった。
    何度も「ありがとうダミアン!」って叫びたくなるような活躍が多かったのは言うまででのありませんね。

    ホームで勝てなかった2019年、リーグ戦ホーム初勝利は4月19日湘南戦

    とにかく開幕からホームで勝てなかった。
    第8節の湘南戦まで3分1敗という成績。どこへ行った等々力劇場!そんな試合が続きました。

    やっと勝てたホーム初勝利は実に開幕から約2ケ月後の湘南戦でした。
    それだけに喜びもひとしお。久しぶりの笑顔が見れた等々力競技場でした。ソンリョンの100試合出場にも花を添えました。

    前半に阿部ちゃん・知念と2得点。後半は得点なしのスコアは2-0でした。
    この次のホーム仙台戦も勝利しますが、その後再び等々力で4試合連続ドローと、本当に勝ちきれない試合が続きました。

    今年も最高だったファン感


    アウェイでは勝てるものの、ホームで勝てず4試合連続ドローの後、敵地味スタで迎えた首位FC東京の試合に勝って気分良く迎えた今年のファン感。
    涙あり笑いありそして再び涙の、毎年「フロンターレって最高だな」と今年も思えたファン感でした。
    こういうイベントも真面目にサポーターを楽しませてくれるフロンターレ。ずっと応援したいよね。
    ちなみに毎年思うのは等々力ってスタッフからボランティア、スタグルのスタッフまでみんな良い人です。いつもありがとうございます。

    愛は川崎を救う。そしてフロンターレは僕らサポーターを救うのだ。

    それにしても憲剛のピアノは泣けた。来年のシーチケ特典DVD楽しみ。

    川崎フロンターレ×チェルシーFC、途中出場も3分で全てを持っていった憲剛の存在感

    2019 Jリーグワールドチャレンジと題したチェルシーFC戦は日産スタジアム。
    やはり世界の強豪クラブは違うな、と思わせるテクニック・スピード・強さ等、終始押されていたフロンターレ。
    なんとかスコアレスで持ちこたえた後半83分。満を持して登場した中村憲剛にスタジアムが湧きます。
    そして憲剛のスーパーパスからのダミアンのゴール。
    痺れた。本当に痺れた。
    私は今年で憲剛が引退してしまうかもと、この時まで思っていたのですが、この日でその考えは消え失せました。
    凄いよ憲剛。凄すぎるよ。
    83分から出場の長老憲剛は結局MVPまで持っていくのでありました。あっぱれ!

    今年の限定ユニ

    毎年夏に発売される限定ユニフォーム。今年は川崎市のロゴをイメージしたデザイン。
    宇宙ユニには敵わないものの、個々最近では格好良いと感じました。
    私はジェジエウの4番に!
    ベッキー可愛かった!

    悲願のルヴァンカップ初優勝

    なんといっても今年、ゼロックス杯・チェルシー戦と一発勝負をものにしてきたフロンターレが強さを見せたのがルヴァンカップ。
    結果的にはPKまでもつれた訳ですが、こうした一発勝負への拘りがもたらした栄冠だと思っています。
    試合後、憲剛が祝勝会で、「毎年最低でも星1個取れるチームに」と言っていましたが、本当に来年星が増えるのは嬉しいことです。

    リーグ戦4位終了、前日のアウォーズでも田中碧の新人賞くらいしか見処がなく、寂しいと感じている方も多いと思いますが、このルヴァン制覇は誇りに思って良いのではないでしょうか。

    そして男、新井章太。格好良かった。本当に痺れたありがとう。

    憲剛の怪我、そして来年へ

    とにかく私にとって憲剛の寂しそうな顔、悲しむ様子は見るに耐えられないのです。
    ゼロックス・チェルシー戦、ルヴァン優勝とピッチ上で存在感をアピールした中村憲剛も30節に左膝外側半月板損傷という大怪我を負い、その後手術をして全治7カ月という診断。
    これはショックでした。
    でも憲剛の前向きなコメントひとつひとつは私達サポーターに逆に勇気をくれた気がします。
    そして、憲剛の視線は来季へ向いています。
    つまり、選手生命はまだまだ続くということ。これは朗報でした。
    今は治療に専念し、来年暑い等々力に帰ってくるのを心待ちにしています。
    来年は14番ユニの人更に増えるだろうな。

    まとめ

    ひとつのサッカークラブを応援していると、嬉しいことも寂しいことも悔しいことも、まさに悲喜交々なわけですが、吊橋効果といいますか、そのあと達成した喜びってものすごいものがあります。
    知らない人とハイタッチをしたり、抱き合ったり(私は男なのでそういうことはないですが)
    その代表格は初優勝でしたけれども、今年ルヴァンを制したものの寂しさが残るのは再び吊橋の恐怖に立たされることになるからなのかもしれません。

    来年はACL出場は鹿島が天皇杯で優勝しなければ出来ないわけで(現時点での話)、そうなると来年はルヴァンや天皇杯の予選から参加することとなり、更にはA契約選手が2人減ることを考えると結構きついものがあります。
    平日開催ののんびりとしたカップ戦予選の景色もいいものがありますが、今年より来年の方が正念場といいますか、本当のフロンターレの力が発揮される時じゃないかなと思っています。

    一年を振り返ると楽しい思い出が沢山あって、フロサポ最高じゃん!って思いますけれど、来年の今頃は更に声を高らかに笑っていられることを祈りつつ、シーズン終了の気持ちとしてブログに記しておきます。

    来年は試合のレビューや出来事などを出来るだけ細かくアップしたいと思っています(毎年思っているのですが)
    当初はフロンターレの歴史を自分目線で残そうと初めたフロスキですが、最近は忙しさを理由にすっかり写真ブログになりつつあるのを打破しようと思っています。
    そして基本ホームしか行かない私は、出来るだけ等々力劇場の記録をここに残そうと誓うのでした。

    年内更新するか分かりませんが、シーズン終わりということで一旦ご挨拶代わりに更新した次第です。
    今年も沢山のアクセスありがとうございました。

    フロスキ管理人 frosuki

     過去の写真はこちらで

    • コメント: 2

    フォト93枚 J1リーグ2019 第33節  川崎フロンターレ×横浜F・マリノス

    フロンターレ3つ目の星は漢の星 ルヴァンで見せた新井章太の男気

    コメント

      • 匿名
      • 2019年 12月 11日 6:53pm

      とても簡潔で読みやすく、良い内容でした✌👍

        • サイト管理人
        • 2019年 12月 12日 9:25am

        ありがとうございます。来年も楽しみましょう。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    関連記事

    1. 1ステージ制復活!? 大盤振る舞いのJリーグ D…

      Jリーグ1ステージ制復活へというニュースが巷では話題になっている。嘆…

    2. 等々力陸上競技場の自由席について考えてみる。

      プレミアリーグなどは全席指定であることもあって、サポーターはのんびりとスタジ…

    3. 優勝記念グッズ販売、他の優勝クラブのグッズはどん…

      2017のJリーグを優勝して、優勝記念グッズを発売したフロンターレ。…

    4. 来季Jリーグ放映権は年間130億円 パフォームと…

      先日の新聞でも一面で取り上げられていましたが、Jリーグが世界最大手のデジタル…

    5. サポの大切なアイテム ユニフォームの洗濯どうして…

      等々力で試合のある日は、武蔵小杉から等々力まで、フロンターレブルーに染まりま…

    6. ホーム開幕を前に話題のSHISHAMO4を聴いて…

      去年あたりから私のTwitterのタイムラインを見ていると、SHISHAMO…

    7. FC東京の皆様へ 大久保嘉人の取扱説明書

      この取扱説明書は、当サイト運営者が個人的に作った大久保嘉人の取扱説明書です。…

    8. フロンターレサポーターにチケットを贈った東方の女…

      先日のACL第二節は、香港・旺角にて行われた。主力を温存して臨んだ試…

    PAGE TOP