大島僚太、新チャントはホーム開幕戦からと私設応援団が発表

 

大島僚太がチャントの歌詞の一部の変更を求める発言を去年末にラジオやイベントでしたことで、サポーターからは川崎フロンターレ私設応援団である川崎華族に対して「もう大人なんだから変えてやってくれ」などの声が多かったにも関わらず、2月4日の今季新チャント発表では、それに対して触れられずにいた事から、SNSでは、フロンターレサポーターだけでなく、他クラブのサポーターも巻き込んでの騒ぎになっていた。

このブログにも「大島 チャント」等のキーワードで検索して訪れるアクセスがとても多くビックリしましたが、昨日不思議な出来事が2つあった。


まずひとつ目は、2018年度のフロンターレ公式の大島僚太のプロフの欄。
自分の応援歌についての回答に「変更を求めています」と掲載されていたのだが、数時間後に力になりますと変更されたのだ。
そして、二つ目はゼロックス杯前夜に、スポーツニュースサイト等でゼロックス杯に大島僚太がエントリーという内容の記事内でチャントが変更されるという記事が上がったから、たまげた。

 今季からは応援歌も一新される方向だ。これまでの応援歌は「オオシマリョウタ 笑顔がキュート オオシマリョウタ 決めろよシュート」という歌詞で本人も愛着を持っていたが、25歳になり、昨年9月には一般女性と結婚。今季は昨季に引き続き副主将を務めることも決まり、若手ではなくすでに中堅としての自覚を持っている。それだけに昨年から新しい曲を作ってもらえるように応援団に相談しており、今季中にも新たな応援歌が披露されることになりそうだ。
スポーツ報知

このゼロックス杯前日に何があったのかは、華族とクラブ側しか分からないことである。

そしてゼロックス杯当日、華族より新チャントについての発表があった。

サポーターや大島僚太の意見に対して川崎華族の後手後手の対応がこういう形で発表されたのは不可解な事もあるのだが、これでとりあえず一件落着ということだろう。
ホーム開幕までは僚太のチャントは歌わないらしい。これもまた極端な話でもある気はするが。

今後はこうした意見やクレームに対して迅速に対応して頂きたい。
川崎華族にはサポーターとして感謝している部分もあるが、Gゾーン村だけが真のフロンターレサポーターみたいに思わせるところがある。
活動は大変な事も多いだろうが、今となってはフロンターレは人気クラブであるのだから、騒ぎにならないよう、できるだけサポーター民意を汲み取った活動を期待したいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    2018ユニ:スマホ待ち受け画像 フロンターレ全選手分
    等々力陸上競技場からの帰り道は注意せよ。人を頼ったら最後「等々力迷
    サッカー選手が手首に巻くテーピングの意味は? 各選手のテーピングコ
    日本代表ユニフォーム:スマホ待ち受け(壁紙)画像 全選手分
    主審をリスペクトする為に知りたい走行距離やトラッキングデータ
    スマホ用ロック画、フロンターレ全選手分
    はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場
    使えるものはトコトン使う多摩川クラシコ告知動画が面白い
    エウソン「2017年シーズン目標は24得点だった。ベストゲームはG
    応援とブーイングを科学的に考えてみる
    2018年Jリーグ全日程発表、川崎フロンターレは開幕と最終節に磐田
    GKのユニフォームの色って、どうやって決めているのだろう? という