ゼロックス杯 大久保嘉人復帰弾も1点届かず

 

Jリーグ開幕前の恒例、昨季のJ1王者と天皇杯王者の一戦、富士ゼロックス・スーパーカップ。
チームコンディションの良いセレッソが前半を圧倒し、後半はフロンターレも盛り返したものの、1点届かず2-3という試合結果。

セレッソのハードワークとプレッシングに翻弄されたように見えましたが、フロンターレ選手のコンディションが仕上がっていないのは一目瞭然。
セレッソは今年も優勝争いに間違いなく入ってくる戦力。ヤン・ドンヒョンも怖い存在だなと思いました。そして尹晶煥監督の幅広い戦術。
フロンターレは、メンバーを見ても、大島僚太はスタメンに入らず(後半から出場)、エウソンも欠いている状態。 
これまで何度もこのブログで書いている事ですが、エウソンこそフロンターレサッカーの完成形の柱の一人だと思っているので、右サイドの動きには物足りなさを感じました。

Embed from Getty Images

またシルバーGETだぜという声も聞かれましたが、ゼロックス杯をタイトルマッチと考えるのか、エキジビションマッチ程度に考え、すぐに迫るACLやJリーグ開幕を見据えているかという考え方によってこの試合の意味合いが違ってきますが、悪いことばかりではなかったですね。

特に後半出場の怪我明けの大島僚太は、やはり頼もしかったし、新人守田の可能性や知念のボールセンスも光りましたし、なんといっても大久保嘉人が川崎に帰ってきて、昔通りの動物的直感を持ったストライカー魂を見せてくれたのは、頼もしい限りでした。

2016年までの嘉人在籍時は13番のユニを着ていた私だから贔屓目に思うのかもしれませんが、これまでとは違ったNEW嘉人を見れるのではと期待が膨らむ試合でした。

ATに入った時、実況の田邉さんが「5分あれば3点取れるチームです」と言ったのにはニヤリとしてしまいました。

なにはともあれ、2018年も始まりました。今年も熱い戦いが見れるのだと思うとこれからの戦いに期待でワクワクです。
ACLと開幕戦の発券を済ませて準備はOKです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    2018年Jリーグ全日程発表、川崎フロンターレは開幕と最終節に磐田
    スマホ用ロック画、フロンターレ全選手分
    エウソン「2017年シーズン目標は24得点だった。ベストゲームはG
    大島僚太、チャントの歌詞キュートに関して「変えて欲しいです」と発言
    DAZN川崎フロンターレ応援インセンティブ・プランについて問い合わ
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    優勝記念グッズ販売、他の優勝クラブのグッズはどんな感じ? ひとりで
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版
    車で等々力競技場へ行くサポーターへ、気を付けて頂きたい事と駐車場事
    Twitterに上げた動画で振り返る2017年
    [動画]大島僚太デジッチでしれっと結婚発表!