逆転優勝へ向けて鬼門埼スタで浦和に辛勝。家長鬼神の突破からの1点を守りきる。

    勝ち方には色々あるもんだ。
    細かいパスで相手を崩すフロンターレというイメージだが、優勝争いをしていくと、様々な勝ち方が出て来る。
    今までならば落としていたような試合も、時に泥臭く、時にヒーローの出現により個の力で勝つことだってあるのだ。

    J1リーグ第33節 埼玉スタジアムで行われた浦和戦。
    0-1と辛勝したこの試合も、そんな試合の一つとなりました。

    家長鬼神の突破からの先制点

    ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode


    先制点のゴールを奪ったのは、自身初のシーズン20得点目をあげた小林悠。
    そのアシストをした家長のプレーが素晴らしかった。あんな突破見たことがない!ってくらい本当に凄かったです。(動画を見てもらわないと説明できない)

    最近はゴールシーンよりも、中盤でボールを動かすシーンが多い家長なのだが、そのどのプレーも1得点に匹敵するような活躍が多く、サポーターの心を鷲掴みにするのだ。
    とにかく岩のように重く、大木のように大地に根を覆うようなフィジカルは、それだけでチケット代を払う価値がある。

    試合終了後は、座り込み、足を吊る事もある程のスプリントと献身的なプレーは、まさに「ありがとうアキ」なのだ。

    今日は先制点の後は、浦和の攻撃に追い詰められた場面も多々あったものの、守備もよく頑張った。
    ACLの悪夢もよぎりましたが、泥臭く勝ち点3を取ってくれました。(拍手)


    「本当に苦しい試合だったが、チーム一丸となって勝つことができた」
    小林悠

    残り1試合とにかく勝つしかない

    中2日で行われる最終節は、ホーム等々力での大宮戦。
    一方首位に立つ鹿島は、ジュビロとアウェイで戦う事となる。
    川崎フロンターレが優勝するには、大宮に勝ち、鹿島が磐田に引き分けか敗戦しなければならない、鹿島次第な条件だが、波はフロンターレにある。
    満員の等々力競技場で「等々力劇場」を見せるか!

    ああ、土曜日が待ち遠しい。
    選手にしてみれば中2日という厳しい条件だけれども、最後全力で勝ってほしいですね。
    もちろん私も等々力で喉を枯らす覚悟です!

    • コメント: 0

    東アジア選手権(E-1)代表発表。フロンターレからは5人を招集。ハリルのコメントも掲載。

    鹿島の戦況 勝って見るか 見て勝つか問題

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    関連記事

    1. ワクワクさせてよ。やっぱり大島の穴は大きかった。…

      久しぶりの等々力観戦。試合前にはドローンの撮影もあるということで、楽しみにし…

    2. 中村憲剛が「あの1本で今日のオレの仕事は終わった…

      ACLの関係で日程がずれた13節浦和戦。試合は4-1と川崎フロンターレの快勝…

    3. 阿部ちゃん今季リーグ戦初ゴール、第10節鳥栖戦は…

      前節、鹿島に良い形で勝ったフロンターレは、アウェイ2連戦の初戦を鳥栖と戦いま…

    4. セレッソ大阪に5ゴール快勝の裏で輝く家長SHOW…

      J1第28節 川崎フロンターレ×セレッソ大阪の試合。この試合はイッツコム…

    5. 谷口彰悟「後ろに神がいました」。ACL第5節は守…

      ACL第5節。グループステージ突破には勝つしかないこの試合は、敵地韓国で水原…

    6. 川崎フロンターレ5月は負け無し6連勝で8年ぶりA…

      平日の等々力陸上競技場。すっかりこの平日のおだやかな光景にも慣れてきました。…

    7. 不思議な男、森本貴幸の初ハットトリックで天皇杯8…

      森本貴幸。誰もが知るのは、J1リーグ 最年少デビュー(当時)・最年少ゴール記…

    8. 多摩川クラシコは1-1のドロー。ホーム2連戦で勝…

      明治安田生命J1第20節、川崎フロンターレ×FC東京、等々力競技場での試合。…

    PAGE TOP