逆転優勝へ向けて鬼門埼スタで浦和に辛勝。家長鬼神の突破からの1点を守りきる。

 

勝ち方には色々あるもんだ。
細かいパスで相手を崩すフロンターレというイメージだが、優勝争いをしていくと、様々な勝ち方が出て来る。
今までならば落としていたような試合も、時に泥臭く、時にヒーローの出現により個の力で勝つことだってあるのだ。

J1リーグ第33節 埼玉スタジアムで行われた浦和戦。
0-1と辛勝したこの試合も、そんな試合の一つとなりました。

家長鬼神の突破からの先制点


先制点のゴールを奪ったのは、自身初のシーズン20得点目をあげた小林悠。
そのアシストをした家長のプレーが素晴らしかった。あんな突破見たことがない!ってくらい本当に凄かったです。(動画を見てもらわないと説明できない)

最近はゴールシーンよりも、中盤でボールを動かすシーンが多い家長なのだが、そのどのプレーも1得点に匹敵するような活躍が多く、サポーターの心を鷲掴みにするのだ。
とにかく岩のように重く、大木のように大地に根を覆うようなフィジカルは、それだけでチケット代を払う価値がある。

試合終了後は、座り込み、足を吊る事もある程のスプリントと献身的なプレーは、まさに「ありがとうアキ」なのだ。

今日は先制点の後は、浦和の攻撃に追い詰められた場面も多々あったものの、守備もよく頑張った。
ACLの悪夢もよぎりましたが、泥臭く勝ち点3を取ってくれました。(拍手)


「本当に苦しい試合だったが、チーム一丸となって勝つことができた」
小林悠

残り1試合とにかく勝つしかない

Embed from Getty Images

中2日で行われる最終節は、ホーム等々力での大宮戦。
一方首位に立つ鹿島は、ジュビロとアウェイで戦う事となる。
川崎フロンターレが優勝するには、大宮に勝ち、鹿島が磐田に引き分けか敗戦しなければならない、鹿島次第な条件だが、波はフロンターレにある。
満員の等々力競技場で「等々力劇場」を見せるか!

ああ、土曜日が待ち遠しい。
選手にしてみれば中2日という厳しい条件だけれども、最後全力で勝ってほしいですね。
もちろん私も等々力で喉を枯らす覚悟です!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    スケポス用に買った1600円のフレームでユニフォームを飾ってみた
    等々力陸上競技場からの帰り道は注意せよ。人を頼ったら最後「等々力迷
    はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場
    応援とブーイングを科学的に考えてみる
    車で等々力競技場へ行くサポーターへ、気を付けて頂きたい事と駐車場事
    はじめての等々力陸上競技場。座席の違いと自分にあった席の選び方。
    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    Twitter職人 中村憲剛のTweetいいね数ベスト10
    スマホ用ロック画、フロンターレ全選手分
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    大島僚太、チャントの歌詞キュートに関して「変えて欲しいです」と発言
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版