[動画] 雨で中断といえば思い出す2009年の鹿島との首位攻防戦を八塚浩氏が語る

   2017/12/30

先日の天皇杯3回戦では、名古屋と八戸の試合が雷雨で中断。
再試合では無く、8月2日に中断したところからの試合となるそうです。

フロンターレサポーターの方は、雨で中断といえば2009年を思い出すのでしょう。

そうです。首位鹿島と2位川崎Fの首位決戦として行われたこの試合。
川崎フロンターレが3-1のリードで迎えた後半29分で、豪雨の為、中止になったのです。試合中断30分後に不破信マッチコミッショナーが中止を決め、結果として、後半29分から別の日程で試合が再開されることとなったのです。

中村憲剛は
「普通にできる。雨が降ってもやるのがサッカー」

と悔しい思いを吐き出しました。

解説者八塚氏が語る当時の思い出

年末の特番で八塚さんがこの話を語っていました。

再開試合のハイライト

さて、結果はいかに?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    2016リミテッド宇宙ユニフォーム:スマホ待ち受け(ロック画)画像
    はじめての等々力陸上競技場。座席の違いと自分にあった席の選び方。
    日程表を眺めていると見えるものがある。川崎フロンターレ2020年J
    スケポス用に買った1600円のフレームでユニフォームを飾ってみた
    GKのユニフォームの色って、どうやって決めているのだろう? という
    風呂桶を飾るのにピッタリな1180円のスタンドを見つけました
    川崎フロンターレ後援会に入るべき10の理由 2017年改定版
    SNSがクラブのピンチに!? 麻生グラウンドでの見学ルール
    ちょっとスロットマシーン作ってみました
    応援とブーイングを科学的に考えてみる
    【生中継】今年のルヴァンカップはフジテレビの動画配信サービス「FO
    iphone(iOS14)の新機能ウィジェットでホーム画面をフロン