[動画] 雨で中断といえば思い出す2009年の鹿島との首位攻防戦を八塚浩氏が語る

   2017/12/30

先日の天皇杯3回戦では、名古屋と八戸の試合が雷雨で中断。
再試合では無く、8月2日に中断したところからの試合となるそうです。

フロンターレサポーターの方は、雨で中断といえば2009年を思い出すのでしょう。

そうです。首位鹿島と2位川崎Fの首位決戦として行われたこの試合。
川崎フロンターレが3-1のリードで迎えた後半29分で、豪雨の為、中止になったのです。試合中断30分後に不破信マッチコミッショナーが中止を決め、結果として、後半29分から別の日程で試合が再開されることとなったのです。

中村憲剛は
「普通にできる。雨が降ってもやるのがサッカー」

と悔しい思いを吐き出しました。

解説者八塚氏が語る当時の思い出

年末の特番で八塚さんがこの話を語っていました。

再開試合のハイライト

さて、結果はいかに?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメントをどうぞ(200文字以内)

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

    はじめての等々力陸上競技場。座席の違いと自分にあった席の選び方。
    サッカー選手が手首に巻くテーピングの意味は? 各選手のテーピングコ
    2018ユニ:スマホ待ち受け画像 フロンターレ全選手分
    エウソン「2017年シーズン目標は24得点だった。ベストゲームはG
    2018年Jリーグ全日程発表、川崎フロンターレは開幕と最終節に磐田
    等々力陸上競技場からの帰り道は注意せよ。人を頼ったら最後「等々力迷
    はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場
    サッカーの(フロンターレ)選手からサインをもらうにはどうしたらいい
    日本代表アウェイユニフォーム:スマホ待ち受け(壁紙)画像 全選手分
    中断期間企画:第2回フロンターレ写真館:大島僚太
    GKのユニフォームの色って、どうやって決めているのだろう? という
    車で等々力競技場へ行くサポーターへ、気を付けて頂きたい事と駐車場事