はじめてサッカー観戦をする方へ 等々力陸上競技場

    初めてサッカー観戦に行く時に、まず考えるのは、どこの席を取ればいいのか、どんな格好をしていけばいいのか。
    私が初めて等々力陸上競技場を訪れる前は、そんな事を心配していました。

    サッカー観戦の座席について

    観戦席にはホーム側とアウェイ(ビジター)側に別れます。
    殆どがホーム席となり、アウェイ(ビジター)席は南側のゴール裏と、隣接する自由席・もしくわ指定席となります。

    16062201

    等々力競技場だと青い部分がホームで赤い部分がビジターとなります。
    余程の事情がない限り、等々力陸上競技場で観戦するならば川崎フロンターレのホーム側をお勧めします。

    ホームは試合を開催するチームを応援する席のことです。
    アウェイ(ビジター)は、逆にホームチームの対戦相手側となります。
    つまり等々力陸上競技場で開催される川崎フロンターレの試合は全てが川崎フロンターレのホーム試合となります。

    席の確保方法

    等々力陸上競技場の川崎フロンターレの試合は収容率80%以上なので、基本的にはホーム側は、ほぼ満席状態となります。
    一人で行くのならば自由席を探せば見つかるかもしれませんが、とても大変です。二人以上ならば、まず無理と思っていいです。
    時間のある方は、事前に並んで席を確保しますが、そうで無い方は、最初は指定席を買って見ることをお勧めします。
    当日席も大抵はありますが(浦和やガンバ等は完売になる可能性大)事前にJリーグチケットで事前に用意しておきましょう。

    Jリーグチケット

    指定席はバックスタンドの指定席とメインスタンドの指定席があります。
    バックスタンドは屋根が無いので昼間のゲームならば日焼け対策はお忘れずに。雨が降ればポンチョも必要です。
    メインスタンドは、2015年に新しくなったばかりなので、とても綺麗で屋根もついています。バックスタンドよりもピッチまでの距離が遠いのですが、バラエティに飛んだシートが用意されています。
    静かにゲームを見たい人にお勧めです。

    アドレナリン出まくり!盛り上がる席はGゾーン

    16062205

    川崎フロンターレの応援席はGゾーン・ゴール裏となります。
    応援席となりますので、基本飛びっぱなし歌いっぱなしです。観戦よりも応援重視の席になります。
    初心者にはハードルが高いかもしれませんが、指定席の方も自由席側に行けますので、
    是非後半にでも行ってみてください。

    Gゾーン通路からの景色

    Gゾーン通路からの景色


    席は無くても通路で十分応援出来ます。元々この辺は座ることが無いですし。
    私は腰痛持ちなので前半指定席、後半通路で応援というのが多いです。
    チャント(応援歌)を知らなくてもOKです。歌詞の書いた紙が通路に置いてありますし、なくてもすぐに覚えます。
    なによりも、あの一体感、そして後半に多く得点をあげる川崎フロンターレですから、ゴールシーンはもう鳥肌ものの迫力ですよ。
    これにハマったらもう、フロンターレサポータから抜け出れなくなります。楽しいサポーターライフが始まります。

    どんな格好で行けばいい?

    等々力陸上競技場に行くと分かりますが、殆どのサポータがユニフォームやフロンターレのTシャツを着ています。
    フロンターレ側ならばブルーですので、最初からユニフォームを買わなくてもブルーや、白・黒などの服装ならば良いと思います。
    間違ってもアウェイチームのカラーの服装で行くのはお勧めしません。目立ちます。

    ユニフォームは最初から買わなくてもいいのですが、タオルは必須アイテムです。
    入場の時にはタオルを上に掲げ選手を迎えます。
    そして何よりもゴールを決めた時には全力でタオルを振り回すのです。感動の涙を拭うのにも使います。
    タオルやユニフォーム・Tシャツ等は等々力陸上競技場内外のショップでも販売されていますので、
    事前に用意しなくても大丈夫です。

    そして試合終了後、ユニフォーム欲しくなりますよ。

    何時間前に行けばいい?

    川崎フロンターレは、ホームでのゲームの際は、様々なイベントをやっています。
    等々力陸上競技場へと続く道はフロンパークと呼ばれ、川崎にちなんだイベント、アトラクション、グルメが楽しめます。
    出店の食べ物は、どれも美味しくて大人気です。

    16062202
    フロンパークのイベントは、チケットが無くても楽しめます。お祭り感覚でブラリと行くことも出来、子供が楽しめるイベントも多いので家族連れがとても多いのもポイントです。
    かなり充実したイベントばかりなので、観戦前には公式サイトでチェックしておくことをお勧めします。

    フロンパークをぶらぶらして、見たり食べたりして30分~1時間。等々力陸上競技場に入って、ショップを見たりスタグルを買ったり(並びます)で40分。
    そして最低試合開始15分前には席についておきたいところなので、キックオフの1時間半~2時間くらい前に行くことをお勧めします。

    等々力陸上競技場公式観戦ガイド

    • コメント: 0

    サポーターはチームの精神的支柱となる12番目の選手であるべき

    川崎フロンターレ×大宮アルディージャ 勝利するも1st優勝へ一歩届かず  J1リーグ 1st 第17節ハイライト

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事

    1. 川崎フロンターレのサッカーは面白い!エキサイティ…

      川崎フロンターレのサッカーで面白いのは真ん中を突く速いパス回し・攻撃型サッカ…

    2. サッカー選手が手首に巻くテーピングの意味は? 各…

      サッカー選手が手首に巻いているテーピング。気になりませんか?家長が巻…

    3. フロンターレ展へ行くならARアプリ「Aurasm…

      現在川崎市民ミュージアムにて開催されている毎年恒例のフロンターレ展。1月…

    4. 日程表を眺めていると見えるものがある。川崎フロン…

      今年も日程が発表され、こうして眺めていると、色々と見えてくるものがあります。…

    5. 春はまだか やっぱりホーム等々力は素晴らしいのだ…

      余暇の過ごし方としては平日にも、皆それぞれに楽しみはあるし、週末の過ごし方も…

    6. 2020年ユニフォーム、エンブレムはラバープリン…

      我家にも先日今年のユニフォームが届き、いよいよリーグ開幕に向かってテンション…

    7. 【生中継】今年のルヴァンカップはフジテレビの動画…

      DAZN時代になってから、ルヴァンや天皇杯を見るためだけにスカパーに加入する…

    8. GKのユニフォームの色って、どうやって決めている…

      フロンターレのGKユニフォームは緑(グリーン)・黄(イエロー)・赤(レッド)…

    PAGE TOP